使用用途

農業
最も活用事例が多いのがこの分野。 土壌微生物の活性化や、作物の収量増加などに効果があります。
使用方法も単純で、 液肥タンクに投入したり、散水用配管や貯水槽に設置するだけ。
コンプレッサーを使用して空気をナノバブル化するだけでなく、二酸化炭素のボンベに繋げば光合成の助長も可能です。

トマト / 福島県 ガーベラ / 愛知県 柿 / 岐阜県 イチジク / 岐阜県 イチゴ / 岐阜県 千葉県 ピーマン / 高知県 など
水産業
酸素供給により水中の溶存酸素濃度を上げ、酸素不足による奇形や死亡率を減少させることができます。
特に北海道のとあるホタテ業者では、生存率が9割を超え漁業の新聞に取り上げられました。

ホタテ養殖 / 北海道 アワビ養殖 / 三重県 など
環境
詳しい検証は行われていませんが、湖でナノバブルを発生させている期間中は泡の発生箇所から2km先まで、赤潮も青潮も発生しなかったという報告があります。

水質改善 / 三重県 (白石湖)など
工業
農業に次いで活用事例が多く、特に洗浄効果や洗浄効率の強化が見られます。
クーラント液の洗浄に利用したところ、ゴミや破片が取り除かれ刃物の持ちが数倍になった例もありました。

部品洗浄 / 愛知県 岐阜県 排水処理 / 岐阜県 衣料修正 / 愛知県 クーラント液の洗浄 / 愛知県 広島県 東京都 など
食品加工業
マイクロナノバブルの『隙間に入り込む・汚れを浮かせる』という特性を生かし、カット野菜の洗浄に利用されています。また一部ではオゾンナノバブルが使われています。

カット野菜の洗浄 / 新潟県 岐阜県 など
ご使用方法様々!国内外問わずお使いいただいております!